2013年03月16日

登山ガイド 雪の安全管理技術講習

3月1-3日の3日間、栂池高原にて登山ガイド(ステージU)資格取得のための義務講習会「雪の安全管理技術」を受講してきました。

今回の講習が資格取得のための最後ステップとなります。
今回はガイド協会主催の講習会で、栂池高原スキー場周辺で行われ、スキー場にある宿に朝9時に集合しました。

初日午前中は曇り、午後から大雨。(スキー場でも雨が降る)
2日目は吹雪(30-40cmの積雪)、3日目は雪時々曇りという変化に富んだ天候で、雪崩の講習としてはよいサンプルとなる降雪状況でした。

参加者27名、講師4名で、実技や討議は4班に分かれて行われます。

講習日程は天候により当初の計画を一部変更し以下のとおりとなりました。

(1日目)
午前
・雪山の安全なガイディング(実技)
 ビーコン・プローブの操作方法、指導方法
午後
・雪山の安全管理、雪崩の発生メカニズム・事故対策(講義)
・ガイディング概論 ガイドの役割・行動(講義)
・雪山の気象とリスク(特別講師 立山カルデラ砂防博物館長による講義)
夕食後
・ホワイトアウトナビゲーション、リスクアセスメント、翌日の行動計画(講義・班別討議)
(2日目)
8:00〜15:00
・雪崩事故対策セルフレスキュートレーニング(実技・サイドピステ)
15:00〜
・シート搬送(実技・室内)
・山岳事故事例(講義)
夕食後
・ガイドの役割(講師を交えた班別討議)
(3日目)
8:00〜13:00
・雪山の安全なガイディング(実技・オフピステ)
 ガイディング、固定ロープ、ピットチュック
午後
・行動振り返りとレポート提出

初日の実技はビーコン・プローブの操作方法でしたが、自分が使用できるというだけでなくクライアントに説明できるという視点で行われます。

2日目は栂池自然園周辺まで行くガイディングの実技が予定されていましたが、荒天のため予定を変更し、3日目に予定していたスキー場脇での雪崩事故を想定したセルフレスキュートレーニングが行われました。

これは2班毎に分れ、1班が山行中に雪崩が発生しクライアントが埋没したという想定で、もう1班がその準備と評価を行うというもので、それぞれリーダー・サブリーダーを交代し、その都度想定も少しずつ変えて8回ほど行います。

3日目の実技は、2日目に予定していたガイディングの実技を行いました。
これはゴンドラで栂の森まで上がり、ガイディング・ルートファインディングをしながら栂池自然園まで登り、途中でロープワークや雪崩のピットテストを行うというものです。

結局時間もなく栂池自然園までは行けず引き返すことになりました。

講習の中では特に、雪崩事故を想定したセルフレスキューは初めての体験でしたし、想定も臨場感があり、繰り返し行われるため、本当にこういう場面い遭遇したら自分だったらどう行動するだろうと考えさせられる内容でした。降雪の中、埋没者の掘り出しなどはかなり重労働であることも実感しました。

また特に、立山カルデラ砂防博物館長の特別講師を招いての雪山の気象とリスクの講義、ホワイトアウトナビゲーションの手法、シート搬送方法、ピットを掘ってのハンドテスト、ショベルテスト、講師のガイドの実体験なども聞けたりとたいへんためになりよい経験となる内容でした。

とにかく3日間実技と講義と盛り沢山のメニューをこなしていくことになり、少々消化不良のところもありましたが、自分にとっては初めて体験することも多く大変有益な3日間でした。


これで資格取得のためのプロセスはすべて終了したこととなり、この後は協会への資格の申請手続きを行うこととなります。


[お天気メモ]
3/1は日本海側を低気圧が通過し、一時的に冬型の気圧配置が崩れ、
南から風が強まり気温が上昇し、栂池スキー場では大雨となった。
翌2日は、低気圧は北海道方面に移動し、西高東低の気圧配置が強まり
終日強風と降雪となった。
3/3は冬型もやや緩み、雪曇りの天候となった。

[講習場所]
栂池高原スキー場周辺(800m)
栂の森(1600m)〜1750m地点
最高標高点:約1750m
歩行高低差:約150m
日程:2013年3月1日-3日





101座からの山歩き TOPへ
posted by 山谷行蔵 at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山力向上委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343696480

この記事へのトラックバック
101座からの山歩きTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。